保育園のご案内

園長からのごあいさつ

 2017年 1月から園長として就任しました。前任者同様宜しくお願い致します。

 下馬みどり保育園は2011年、東日本大震災の時に開園し、当時まだあかちゃんだった子どもたちが今春卒園します。はじめて0歳児から保育した園児を卒園させるということもあり感慨深いものがあります。

 私たちは子どもを主人公とした保育を行っています。子どもたち一人ひとりを大切にしどの子も安心して自分がだせ「ぼくって素敵!わたしって素敵!」としっかり自己肯定感が持てるようになってほしいと願っています。またお友達が大好きで仲間の中で輝けるようにおいしい給食も提供しながら子どもたちの成長を見守っています。

 保護者のみなさんも厳しい労働環境のなかで、仕事・子育ての両立を頑張っているのがわかります。保育運営に保護者のみなさんが積極的に協力してくださるのが大変励みになり感謝しています。また地域のみなさんにもご支援して頂いています。

 子どもは未来を担う社会の宝。今後も保護者の皆さんを支えながら一緒にこそだて楽しみたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

園長 佐々木 まち子

下馬みどり保育園概要

社会福祉法人宮城厚生福祉会は「赤ちゃんから高齢者まで安心して生活できる地域を市民と共につくる」を理念に福祉事業を展開しております。
下馬みどり保育園は、当法人の4番目の保育園として60名定員の施設として開設しました。
働くお父さんお母さんを支援し、子供の健やかな成長を願い、よりよい発達を促します。

名称 下馬みどり保育園
所在地 〒985-0835 宮城県多賀城市下馬一丁目10番4号
下馬みどり保育園へのアクセスマップはこちら
電話・FAX番号 TEL 022-361-3385 FAX 022-361-3386
設置経営主体 社会福祉法人宮城厚生福祉会 理事長:丹野 広子
園長 佐々木 まち子
職員構成 園長1名、主任保育士1名、クラス担任10名、フリー保育士1名、栄養士2名、看護師1名
延長保育担当2名、事務員1名、用務員1名、嘱託医(小児科・歯科)各1名
合計20名
定員 60名
保育年齢 生後2ヶ月(産休明け)から就学前まで
保育時間 通常保育 午前7時30分〜午後6時(月〜土)
月〜金は延長保育を実施しています。 7:00〜7:30、18:00〜19:00(別途申込みが必要)
病後児保育 入園児以外でも病気回復期の1歳〜小学3年生が利用可能。事前に利用登録および利用申し込みが必要。
利用料1日2,000円【→病後児保育についての詳細
関連施設 古川くりの木保育園乳銀杏保育園柳生もりの子保育園古川ももの木保育園岩切たんぽぽ保育園
高齢者福祉施設 宮城野の里介護老人福祉施設 十符・風の音介護老人福祉施設 田子のまち
デイサービスセンター くりこまの里
仙台市宮城野児童館/工房歩歩/障がい者就労支援事業所てとて/児童発達支援センターりんごのほっぺ
重要事項説明書 重要事項説明書

保育理念

  1. 子どもの人権を尊重し子どもにとっての最善の利益を追求する保育をおこないます。
  2. 保育をとおしてどの子どもにも「豊かな自我」「人と関わる力」「友だちと連携する力」を育てます。

保育方針

  1. 私たちは子どもを主人公とする保育を追求します。
  2. 保護者の子育ての思いに共感し、支え、共に子育てしていきます。
  3. 子どもと子育てに優しいまちづくりに参加します。

保育目標

保育理念
  1. 健康な子ども
  2. 自分の要求を持ち一生懸命取り組める子ども
  3. 友達や保育士と一緒にいることを喜び協力できる子ども
  4. よく考えて行動できる子ども
  5. 命を大切にする子ども
  6. 美しいものを感じとることができる子ども

保育内容の特徴

  1. 保育士や友達との信頼関係を大切にして、生活や遊びをとおして保育目標の達成に取り組みます。
  2. 子どもらしくのびのび遊ぶ保育を大切にします。
  3. 生きる力の基礎となる食育を大切にします。

沿革

2011年4月 開園
ページの上部へ戻る